Artist HAL_

Artist HAL_

  • ホームページ
  • e-mail
  • facebook
  • twitter

アーティストであり、近年はアートディレクター・クリエイティブディレクターとしての活躍が著しい。昭和を代表する写真家「飯田幸次郎」の孫

PROFILEプロフィール

アーティスト/デジタルハリウッド大学准教授/iPhoneケース展アートディレクター/カナダCorel 社 公式Painter Master。

デジタルとアナログを融合させた独自の表現手法で「油彩タッチのデジタル版画」を数多く制作。「Jazz Man」シリーズなど、色彩感溢れる世界を発表。その傍ら「ArtRageで絵を描こう」始め36冊を出版。3Dステレオグラムに造詣が深く、作品は大手自動車メーカーのコマーシャルアートにも使用された。「目に効く3D絵本」は30万部発行。現代美術家協会新人賞、現展奨励賞、多摩現展賞、等々受賞。

1992年ELEVATION STUDIO設立・2014年クリエイティブディレクターとして企業イメージのビジュアル全てを担当する。

Digital Hollywood University/デジタルハリウッド大学

 

NEWSお知らせ

    iPhoneケース展

    e-spaceの参加者は”まつばらあつし””荒蒔悦子””Artist HAL_”です。(敬称略)

    iPhoneケース展参加作家募集

    <iPhoneケース展2014  横浜赤レンガ倉庫>
    2014年 9/13(土)~9/15(月:祭日) 3日間開催

    11:00~19:00 (最終日は18時まで)

    今回は横浜トリエンナーレの外郭イベントとして開催されると共に、規模と内容も昨年以上に拡大し、作家の方々も三日間通しで楽しめるイベントになっています。

    iPhoneケース展

    iPhoneケース展

    ■世界に1つのiPhoneケースが買える、アートケースギャラリー

    iPhoneケース展は、世界初の「iPhoneケースの展示会」で日本最大のiPhoneのイベントです。2010年、Apple・iPhoneを扱うメディア関係者とクリエイターによる有志で発足。100名を超えるアーティストが「ここでしか買えない世界で1つのiPhoneケース」を展示します。参加アーティストは造形作家、イラストレーター、ファッションデザイナー、漫画家など多種多様で、透明のiPhoneケースをキャンバスに生み出される作品は、ユニークで個性的、デザイン性も高く、その面白さからWall Street Journalに掲載されるなど日本のみならず世界からも高い評価を得ています。

    国内外の有名iPhoneケースメーカー、アクセサリーメーカーが、iPhoneケースの直販を行う展示会としても大変な人気を博しており、近年ではiPhoneで撮影・加工された写真を展示する「iPhone写真展」YouTuberと連動した、iOS&スマートフォン対応の家電やデジタル製品を紹介するガジェット博覧会を行うなど、スマートフォン界隈、IT&アクセサリー&アート界隈に携わるアーリーアダプターを動員しつつ規模を拡大しています。

    ■全国各地と海外で開催。テレビ・ラジオ・雑誌・Webメディアに取り上げられています。

    これまでに、東京・横浜・名古屋・大阪・バリでイベントを開催。商業施設での開催を中心に、東急ハンズ(銀座店・梅田店)での3ヶ月に渡る展示販売の他、六本木ヒルズでの即売、老舗百貨店大丸・松坂屋様からのご提案による3回に渡るコラボレーションイベントを実施しています。

    毎年秋に一年の集大成として開催する横浜赤レンガ倉庫でのイベントは、3日間で約5万人を集客する大イベントで、運営開始からの総動員数は27.5万人を突破しました。めざましテレビやズームイン!サタデー等、王様のブランチなどテレビメメディアに取り上げられ、Macfan、週刊アスキーなどの雑誌・ラジオ・Webメディアなど100を超える媒体にご紹介頂きました。

    ■ユーザーも非ユーザーも楽しめる「おもちゃ箱」のような展示会

    難しい顔で眺めるような「アート」ではなく、もっと身近で、楽しく笑い合える、そんなワクワクのつまった展示会。会場を訪れた人が思わず「かわいい!」「おもしろい!」と声をあげてしまう。発表者も観覧者も、皆がHAPPYになれる展示会を目指しています。

    ■様々な角度からアーティストを支援しサポートする展示会

    「たくさんの人に作品を見てもらいたい」「注目されたい」「PRしたい」というクリエイター、アーティストを支援することがこのイベントの目的です。彼らの要望をかなえるため、様々なバックアップを用意。横浜市芸術文化振興財団との共催、行政・教育機関の協力、雑誌・Webをはじめとするメディアとの連携、アクセサリーメーカー・ 電話通信会社のサボートでクリエイター・アーティストの為の展示会を実現しています。

    です。彼らの要望をかなえるため、様々なバックアップを用意。横浜市芸術文化振興財団との共催、行政・教育機関の協力、雑誌・Webをはじめとするメディアとの連携、アクセサリーメーカー・ 電話通信会社のサボートでクリエイター・アーティストの為の展示会を実現しています。