森 俊憲

森 俊憲

  • プロフィール
  • ホームページ
  • e-mail
  • facebook

猫好きのイラストレーターです。キャラクター物を得意としています。
←左の猫のアイコンをクリックすると作品一覧とプロフィールが出ます。
SNOW-DESIGNブランドでEtsy、minneなどでイラストグッズ販売中。

大自然を表現するキャラクター|コロポックル-2

 

キャラクターイラストレーター『森 俊憲』が描く大自然キャラクター『コロポックル』のイラストです。
『空よ、雲よ、森よ。』というキャッチコピーにあるように、何かものすごく広いところを表現するキャラクターができないかなと思って出来上がったキャラクターです。
コロボックルは佐藤さとるさんのの『だれも知らない小さな国』という児童文学作品に出てきます。
中学生の頃読んだ作品で、面白かったですね。村上勉さんの挿絵がまたすごく良いんですよね。
調べてみると元々コロボックルというのはアイヌの伝承に出てくる小人の呼び名で、「蓮の下の小さな人」という意味らしいです。一緒の精霊ですね。自然を体現しているような気がしてこのコロポックル(コロボックルとも言う)をキャラクターイラストにしてみました。今回は友達のリスとクマが一緒です。
使用ソフト:Adobe Illustrator

It is an illustration of Nature character “Koropokkur” which character illustrator “Toshinori Mori” draws.
“The sky, it is a forest a cloud” It is the character who I think whether it is not possible for a character expressing some frightful, wide place, and was completed to be on the catch copy.
Koropokkur comes out to the juvenile literature work called “the small country which nobody knows” of one of Satoru Sato.
With the work which I read in the days of a junior high student, it was interesting. A cut of Tsutomu Murakami keeps you waiting; is extremely good.
On investigation originally Koropokkur seems to be the meaning called “the small person under the lotus” with the name of a dwarf coming out to the tradition of Ainu. It is an apparition of a living person who is same as. I felt like embodying in nature and made this Koropokkur a character illustration. A bear is same as the squirrel of the friend this time.
Use is soft: Adobe Illustrator